芸能界へ入るための道

芸能界へ入るには、主にオーディションを受ける・芸能事務所からのスカウト・養成所への入学・業界内からの紹介の4つになります。オーディションは選考に通過、優勝する必要があります。スカウトは街で声をかけられる場合で、意外遠いのは業界内で紹介です。養成所は芸能界を目指す人が通う学校のようなとことになります。

新着情報

芸能養成学校とは?

芸能プロダクションが経営しているところになります。ここで、レッスンを受けながら、ドラマなどに出演できるように訓練をするところです。プロを輩出するためでもあるので非常に厳しい訓練でもあります。内容は演技・立ち振る舞い・発声・メイク・ダンスなどを学ぶことができます。

養成学校のオーディションの流れを知ろう

オーディションに応募・受付をします。

応募方法は応募フォームからが多くなっていますが、必要項目を記載してエントリーをします。携帯からも応募可能な場合もあります。その後にオーディションの案内が郵便で送られてきます。そして、応募の受付が終わったらオーディションの内容の詳細が届きます。

応募書類の審査を行います。

どのような審査になるかはオーディションによっても異なってきます。自己PR・課題実技・カメラテストなどを行うことが多く、後日審査結果について連絡がいきます。結果の連絡方法は確認する必要はありますが、郵送・電話・メールなどとなっています。

合格した後は打ち合わせをします。

合格をしたという連絡が着た後は打ち合わせ・面談を行います。この時に契約内容の確認なども確認をしながら打ち合わせをしていきます。打ち合わせはしっかりと行います。中途半端な気持ちでは主催者側にも迷惑になるので、強い意志を持ってしっかりと頑張るということです。

[PR]オーディションの流れをリサーチ☆
エントリーをしたいなら要チェック!

芸能養成学校のオーディションを受けよう!

レッドカーペット

合格するためのチェックポイントとは?

芸能界に入るための第一歩として、まずオーディションを受けましょう。オーディションは外見だけでなく内面的なことも評価されるので、性格・長所・短所・趣味・特技など自分をアピールをすることです。しっかりと自己PRをして、一緒に仕事がしたいと思われるようにすることがポイントです。自己PRではこれまでの経験を1つに絞って詳しく伝えます。自分はどのような人間で、どのようなことができるのかなど、経験を踏まえて人間性・性質を伝えるようにしましょう。そして、将来のビジョン・目標を伝えるようにします。

芸能界で必要なスキルを磨こう

芸能スクールでは芸能界でキャスティングしてもらい、活躍するのに必要なスキルを身につけることができます。何を目指しているかでも変わってきますが、最近ではマルチに対応できるスキルを求められてきています。モデルの場合にはウォーキング技術、歌手の場合にはヴォイストレーニング・音感・リズム感などスキルを身につける必要があります。芸能界で活躍するにはプロの講師から必要なスキルを学び、自分が目指していることに必要なスキルを習得をします。