作品作りにはキャスティングが何よりも重要

作品作りにはキャスティングが何よりも重要

フィルム

キャスティング会社と芸能事務所の違いは?

キャスティング会社は雑誌・ドラマ・映画など配役に合っている人を探すところになります。制作が円滑に進行するためのお手伝いというのが役割になります。芸能事務所はタレント事務所・芸能プロダクションという場合もあります。芸能活動を行う時に円滑に進めるように支援していく役割になります。キャスティング会社と芸能事務所ではこのような役割の違いがあります。

幅広いキャストの中から最適な人選をする

映画・ドラマなどはたくさんのキャストが出演しています。いい作品にするためには最適なキャストを人選することが非常に重要になります。キャストの人選選びをする場合にはオーディションをすることもあります。キャストを選ぶにしても作品のイメージ・予算もあるので、そういったことを考慮しつつ人選して、配役をきめていきます。

キャスティング業務以外も行う

キャストが出演するのはCM・PRイベント・オーディション業務などがあります。キャスティング会社はキャストをキャスティングをする以外に、出演交渉・インターネット動画広告などという業務も行います。出演交渉をする場合には人脈・経験というのが大きくかかわってきます。その他にも問い合わせ対応・スケジュール調整・契約金交渉などの業務など、幅広い業務を行います。

素人キャスティングとは?

素人キャスティングというのは慣れていない人、プロでない人をキャスティングをするということです。CMなどにキャストティングされている人はプロが多いです。でも、プロではなく素人がキャスティングされていることもあります。インパクトのある素人をキャスティングをすることもあります。

信頼できるキャスティング会社の特徴!

プロという自覚を育てていきます。

芸能界でやっていくにはプロフェッショナルであるという自覚を持つということが大切になります。プロである、モチベーション・熱意を持てるように育てていくという特徴があります。そうすることで伝わるコミュニケーションを得ることもできます。人材を育てていくことができるところが信頼できるかもしれません。

キャリアにあったキャスティングをしていきます。

情報を伝える手段として言葉があります。しかし、言葉で伝えることだけでなく、接客力・演技力を必要とすることもあります。経験・特性を考えて適正にキャスティングをするということです。そうすることでキャストは最大限の力を発揮することができます。

サポートはきめ細やかに行うことです。

きめ細やかなサポートをするにはキャストと身近に接することが大切です。モチベーション管理・マナー・身だしなみ・立ち振る舞いなど、研修を行ったりして、コミュニケーションをとっています。そうすることでキャストに対してきめ細やかなサポートをができるのです。積極的にサポートをすることに心がけているということですね。