プロダクションのオーディションを受ける前に~よく吟味しよう~

プロダクションのオーディションを受ける前に~よく吟味しよう~

レディ

芸能プロダクションへ所属するためには?

芸能プロダクションはたくさんありますが、所属するにはスカウト・紹介・オーディションに応募してという方法があります。紹介・スカウトという方法は運ということもありますが、紹介・スカウトされてプロダクションに所属するということができます。定期的にコンテスト・オーディションなどを募集しています。一般応募・オーディション情報をこまめにチェックをするということがポイントになります。

安心してスキルを磨ける環境

芸能界も競争が激しいところでもあります。スキルを磨くということも、継続して行うには必要なことになります。また、プロダクションに所属する場合でも安心してスキルが磨くことができるかどうかということも大切になります。何か新しいことに取り組むことができるような事務所を選ぶというのがポイントです。さらに、あこがれている人のスキルをチェックして、努力・智慧・工夫をしていくこともできます。

実績のあるプロダクションを選ぼう

プロダクションを選ぶ場合には何を目指しているかでも変わってきます。目的は様々ですが、どのような子役になりたいか、声優・アクション系・お笑い系などがあります。目指していることができて、実績のあるプロダクションを選ぶということが大切になります。また、どういったプロダクションを選ぶかでも方向性は変わってきてしまいます。どのようなプロダクションかは電話で問い合わせ、資料請求して確認することができるでしょう。

芸能プロダクションを選ぶポイント3選!

スタッフ・所属タレントの数

スタッフが10人の事務所だった場合にタレントが100人いる場合には、1人のスタッフが担当するのは10人になります。スタッフに対してどのくらいの人数を担当しているかということです。タレント数だけでなくスタッフがどのくらいいるかを確認することです。

所属しているタレントの知名度

所属しているタレントがどのような人がいて、どのような活動をしているかということです。所属しているタレントのプロフィールなどで確認することができます。好きな有名人がいるところというのも方法の1つです。プロダクションはタレントの知名度が高いところを選ぶというのばポイントです。

具体的な活動が明確になっている

プロダクションに所属した後、活動が具体的に明記されているかということです。どのような流れで芸能活動ができるかなど明記されている事務所を選ぶようにしましょう。所属後の活動について養成所にてレッスンを受けるということだけで、具体的に明確でないところではなく、明確に記載されているかということが選ぶポイントです。